当サイトでは、原因から症状、治療法までを分かりやすく説明しています。

どんな病気?

自律神経とは

自分でなんでもできること?違います。それは自立です。自律神経というのは、無意識に生命を維持するために働く体の機能、反応を司る神経のことです。

そして、交感神経と副交感神経の2つに分けられます。これらはその都度勝手に使い分けられるようになっています。例えば、眠たいな、眠ろうかな、なんかくらくらするな、という体の状態。 また、悲しいな、なんか腹が立つ、やったーという喜びなどの感情(精神)です。

最近寒いな、暖かいな、という温度に関する感覚。女性ならば生理(月経)なんかも自分ではコントロールできないものですね。

自律神経失調症とは

さて、上記で説明したものが自律神経の働きならば、失うと書いて失調症ですから、ある程度予想が付くと思います。これらの環境に適応する能力というのがバランスが崩れてしまっている状態です。

無意識な部分、コントロールできない機能って何があるんだろう、と思われるかもしれませんが実は生きている上で非常に多くのものがここに入ります。基本的に私たちはあまり意識しないで日々の行動をしています。 歩くときでさえ、「よし、歩こう」とは思わないですよね?

頭痛や耳鳴り、口の中が乾くな、味覚障害、目が疲れる、のどに変な詰まりの感覚、怒りっぽくなる、不安になる、鵜が外部かくなる、悲しい、細かいことが気になって仕方がなくなる、覚えていられなくなる、集中できないetc

様々な病気の原因にもなります。喘息、過呼吸、めまい、メニエール病、偏頭痛、円形脱毛症、じんましん、夜尿症、更年期障害・・・。

原因は人それぞれです。ストレスだったり夜型、睡眠が取れない生活、環境が変ってしまった、女性ホルモンの関係。これらのうち、一つあるいは複数が絡み合って引き起こしているケースも多々あります。


リンク集

耐震診断の料金と費用

建物検査で25年以上の実績、年間数百棟の検査実績は業界トップクラス。安心価格で耐震診断なら新日本技術。